お父さんが家族のために作るローストポーク作り方

☆野菜の下準備☆

玉ねぎを切る画像  
玉ねぎの皮を剥き、切ります。

下に敷くので大きめに。切り方は適当で大丈夫です。

ニンジンを切る画像  
ニンジンも皮を剥き、切ります。

玉ねぎと同じく下に敷くので大きめに。

玉ねぎとニンジンをテンパンに敷いた画像  
切った玉ねぎとニンジンをテンパンに敷きます。

☆肉の下準備☆

ロース肉をタコ糸で縛る画像  
肉をタコ糸で縛ります。

形を整えるのでグルグル巻きでも大丈夫。
でも、きちんと縛った方がかっこ良いかも。

ロースト用の肉に塩を振る画像  
塩を少し強めに振ります。

こんなに振ったらちょっとしょっぱいかな?位がちょうど良いです。

ロースト用の肉の横の部分に塩を振る画像  
全体に塩を振ります。横や下の部分も忘れずに。

ペッパーミルで挽いた黒胡椒を肉に振る画像  
塩と同じように胡椒を肉全体に振ります。

黒粒胡椒をペッパーミルで挽いて使ってください。香りが違います。

塩と胡椒を肉にすり込む画像  
塩と胡椒を手ですり込みます。

☆肉を焼きます☆

ロースト用の肉の回りを焼き固めている画像  
肉の周囲を焼き固めます。

中まで火を通す訳では無いので、強火でしっかりと焼き固めます。
美味しい肉汁を閉じ込めるためです。

回りを焼いたお肉にサラダオイルをかけている画像  
野菜の上に乗せ、サラダ油をかけます。

全体にかけます。
焼いている間の乾燥を油をかける事で防ぎます。

オーブンの余熱温度、200℃の画像  
オーブンを200℃に余熱します。

オーブンによって適温が違うので難しいのですが、ここでは200℃とします。
180℃〜200℃の間で何回か焼いている内、適温が分ります。

オーブンにテンパンに乗せたお肉を入れる画像  
いよいよオーブンに入れます。

余熱が済んだらオーブンに入れます。

オーブンの焼き時間の画像  
焼き時間をセット
おおよそ90分です。

肉の大きさにもよりますが、1kg位だとこれ位でしょう。
とは言え、焼き時間が重要ですので、焼け具合を確かめながらになります。

ローストしている肉に途中で油をかける画像  
焼いている途中でテンパンに溜った油を時々かけます。

先述したように肉の乾燥を防ぐ為です。
20分〜30分置き位で。

ローストポークの焼き加減を確かめる画像  
串を刺して焼き加減を確かめます。
串を中心部まで刺し、抜いた穴から澄んだ肉汁が出てくれば焼き上がりです。

これが一番重要なポイントです。
豚肉ですので生焼けは駄目ですし、焼きすぎは硬くなって美味しくありません

焼き上ったローストポークをアルミホイルで包む画像  
焼き上がったローストポークをアルミホイルで包み、20分以上休ませます。

これも結構重要です。
暫く休ませると肉汁が安定するようです。

☆完成☆

ローストポーク。出来上がって切り分けた画像

切り分けて出来上がり。
付け合せの野菜は奥様にお願いするとしましょう。

>>次へ<<

☆お勧め商品☆
魚沼コシヒカリ豚肉昆布巻きセット、クリックすると仔細ページに飛びます。

新米魚沼コシヒカリ2合、豚肉昆布巻き(5本入り)5袋セット

2310円(税110円)
基本送料無料
(北信越、関東、東北、東海地区は送料無料。その他の地域もお得な送料になっています。)

豚肉昆布巻き5袋セット、クリックすると仔細ページに飛びます。

豚肉昆布巻き(5本入り)5袋セット

2100円(税100円)
基本送料無料
(北信越、関東、東北、東海地区は送料無料。その他の地域もお得な送料になっています。)

笹団子の画像、クリックすると仔細ページに飛びます。

新潟名産、笹団子

春の雪解け時季の
柔らかいもち草(ヨモギ)を加え、丁寧に搗きあげ、香り高い笹で包み上げました。
越後ならではの笹団子の味と香りをお楽しみください。