2018.09.19


農家カフェ・トネリコに行きました。



そらのテラス、農カフェトネリコ

農家カフェ・トネリコは、農産物直売所「そらのテラス」内にあるカフェレストラン。



ランチ

ランチ。
メインはイワシのカレー風味焼き。
農カフェだけに野菜多。
味付けも比較的塩分控えめで自分好み。



イチジクの白みそ掛け

特に美味しかったのがイチジクの白みそ掛け。
イチジク自体が目を見張る美味しさだった上に、白みそソースとの相性が抜群。
目から鱗の美味しさでした。



シマリス

お庭には、リスとウサギ、ケヅメリクガメが飼育されていました。



テラス席

ほぼ満員だった店内は、9割以上が女性でした。
自分と後男性一人の二人だけ。
美味しい野菜中心のメニュー故、女性人気も当然な感じです。
画像のテラス席もすぐに埋まりました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.18


海岸線を通ると、ハマナスが赤い実を付けていた。



ハマナスの実

ハマナスの実、いわゆるローズヒップ。



ローズヒップティー、噂には聞くがまだ未飲。
下越の海岸線には、ハマナスが沢山自生しているので、どうせなら手作りローズヒップティーを作ってみたいと以前から思っていた。



しかし、乾燥させるのに一ヶ月かかるらしい。
ただ干せば良いだけなのだが、せっかちのうおぬま屋にとって一ヶ月は甚だ長い。
で、今のところ二の足を踏んでいる。
かと言って生では。癖のある匂いが邪魔になる。
以前、ハマナスのジャムを食べた事があるのだが、やはり独特の香りが気になった。



焼いて干す方法もあるらしいが、それもなんだかな~・・・。



で、結局、今年も見送りとなりそうです。
機が熟すのを待ちましょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.17


早生みかんをネットオークションで購入。



早生ミカン

10k1500円。
ネット購入のネックの送料750円を足してもかなりのお買い得。



廉価なので品質が心配でしたが味は上々。
全くの杞憂でした。



去年不作で食べる機会の少なかった蜜柑。
今年も異常な暑さと水害で状態は良くないと思う。
心して味わいます。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.16


凄いモノを見付けた。



うおぬま産パッションフルーツ

魚沼産パッションフルーツ。
魚沼でパッションフルーツが出来るとは!!
驚きと感動で即購入。
見付けたのは道の駅「アグリパーク八色」。
しかも奇跡の様なインパクトなのに3個で400円とお手頃価格。
温室栽培でこの価格で販売できるとは思えません。
どうやって栽培しているのでしょう?
まさか路地物?
ない、ない、ない・・・。



南魚沼でマンゴーが栽培されているとは聞いていました。
温室で。
その流れでしょうか?
一寸調べてみましたが詳細は不明。
かなり気になります。



追熟した方が美味しいらしいので、まだ未食。
でも匂いを嗅ぐと、甘いパッションフルーツの強い香りがします。

食べるのが楽しみ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.15


アグリコア越後ワイナリーのぶどう収穫祭に行って来ました。



ブドウ畑、無料の摘み取りサービス

去年味をしめた無料のブドウの摘み取りがお目当て。



ブドウを持ってご満悦の孫娘

ワイン用のブドウ1人一房、摘み取りが出来ます。
孫娘、ご満悦。



先着順で高級品種の藤みのりの摘み取りもあったのですが、それには間に合いませんでした。
うおぬま屋にとっては、藤みのりよりワイン用のシャルドネの方が有り難かったりする。
藤みのりより酸味のあるシャルドネの方がブドウらしい味わいだと思うから。



鴨の串焼きとジェラート

もう一つのお目当て、屋台の美味しい物。
鴨の串焼きとジェラート。



しかし、ジェラートを食べ終えた時、孫娘が、まさかのリバース。
着ているものが汚れてしまい早めの退散となりました。
急にお腹が冷えた所為。
お腹を壊した訳では無いようです。
その後、おにぎりをぱくついていましたから。



シャルドネ

雨の少なかった今期、ブドウの出来は上々。
美味しいワインができるでしょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.14


秋鮭でトマトスープを作りました。



秋鮭のトマトスープ

淡泊な秋鮭は、スープにしても美味しい。
少しコクが足りなかったので、パルメザンチーズを振りかけていただきました。



今期初の秋鮭。
美味しかった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.13


孫娘の通う幼稚園のお遊戯会に行って来ました。



幼稚園の敬老お遊戯会

敬老お遊戯会。
招かれたのは、祖父母。
会場は満員。
こんなに沢山の人が来ているとは思いませんでした。
ちょっとビックリ。



しかし、考えてみれば、母方の祖父母と父方の祖父母が居る訳ですから大人数も当然の事でした。
孫可愛さもありますし。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.12


中国産の廉価な松茸が、見切り品で更に半額。
こんな時でも無いと食べられないので購入しました。



松茸混ぜご飯

松茸ご飯に。
少量の松茸を家族で味わうには、松茸ご飯にするのが良策。



家の場合は混ぜご飯。
松茸を焼いて醤油で味を付け、炊き立てのご飯に混ぜ込みます。
香りの弱い輸入物の松茸は、この方が香りが立って美味しい。



見切り品の割に、良い松茸でした。
ラッキー!



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.11


生垣の上で日向ぼっこ中のカナヘビを見付けました。



日向ぼっこ中のカナヘビ

このところ朝晩めっきり寒いので、下がった体温を上げに生垣の上に出て来たものと思われます。



人間が近付いても逃げないとは、かなりのんびりしたカナヘビ。
こんなところをカラスにでも見付かったらアウトでしょうに。
こんなに迂闊では、自然界では命がいくつあっても足りないはず。
立派に成長して生きながらえてきているのだから、考えられるのは老化かな?
お年寄りのカナヘビだったのかもしれません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.10


音感ってなんだ?



先日、絶対音感を持つと言う人がテレビに出ていた。
普通の人は、相対音感なのに、幼い頃に訓練すると絶対音感なるものを獲得できるのだそうだ。
ふ~ん・・・、でも、それって本当かな~?
っと昔から少し怪しい気がしている。



学生の頃、音楽の授業など、真っ当に聞いた事が無かったので、音楽の知識はゼロ。
なので間違った基準で考えているかもしれないが、絶対音感なるものが、どうも良く理解出来ない。



絶対音感とは、聞いた音の音名が分かる事らしい。
だとすると、その音の高さ=周波数が分かる事になる。
音程は、周波数にすると約6%づつ増え、1オクターブ上がると丁度倍の周波数になるらしい。
絶対音感の人って、どの位の精度で周波数の違いを聞き分けているのだろう?
1音の周波数の差は、6%づつ周波数が増えると、低音だと小さく、高音だと大きくなるが、その間の聞きわけってどの程度出来るのだろう?
440ヘルツと441の違いは分からないと思う。
絶対音感の精度を知りたいものだ。



絶対音感の人って、街の騒音が音楽の様に聞こえてしまい、煩くて堪らない時があるという。
そして、それが絶対音感の人の特徴であるかの様に言われている。
でも、それって可笑しい。
五月蠅い音は、音楽に聞こえようが、聞こえまいが、誰にとっても五月蠅い物はうるさいのではないだろうか。
人間の脳には、自分に関係ない音をシャットアウト出来る機能が有る。
もしかしたら絶対音感の有る人には、それが無い?
絶対音感って、もしかしたら脳の障害?



そもそも周波数が倍違うと、同じ音に聞こえるって、どういう事?
ドの音は、周波数が倍になるとドの音ってどういう事?
音楽って分からない事だらけ。
今更ながら音楽の授業をちゃんと聞いていなかった事を後悔する。



しかし、いずれにしても音楽に対して神秘性を感じているという、人間の妙な錯覚が根底にある気がする。
どうなんだろう?
音楽理論を勉強した人に聞いてみたい気がする。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

最近のコメント

アイテム

  • ハマナスの実
  • テラス席
  • シマリス
  • イチジクの白みそ掛け
  • ランチ
  • そらのテラス、農カフェトネリコ
  • 早生ミカン
  • うおぬま産パッションフルーツ
  • シャルドネ
  • 鴨の串焼きとジェラート

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。