2018.10.20


食用菊カキノモトの時期。
柿の熟す頃に採れるから柿の下(カキノモト)。



食用菊カキノモトの酢の物

紫色の食用菊カキノモト。
毎年、これを食べるのが秋のお楽しみ。



先日、数十年ぶりに食べた黄色い食用菊が、思いのほか美味しかった。
が、やっぱりカキノモトの方が美味しいと確認。
あ、カキノモト、別名が思いのほかでした。



カキノモトの時期、と言う事で、裏庭に生えている美濃柿を収穫。



美濃柿

先日試しに収穫した八珍柿と比べると、少し色のノリがイマイチでした。
一寸早い。
しかし、美濃柿も八珍同様豊作で、とんでも無い数が生っています。
二篭採っても全く何処を採ったのか分からない感じ。
凄いです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.19


霧の朝。



霧の朝

いよいよ最低気温が一桁代に突入。



寒!



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.18


最近気が付いた。



北海道の呼び方。



他都府県は、新潟県なら新潟、東京都ならば東京と都府県を外して呼ぶ事が一般的にあるが、北海道だけは、何故か道を外して呼ぶことが無い。
北海道の都道府県名は、北海のはず。
なのに北海などと呼ぶ者は居ない。



何でだろう?



ちょっと調べてみたが、やはり同じような疑問を持つ人が居て、考察がなされていたが、それを読んでも、どうも釈然としない。
北海道は他都府県と成り立ちが違うからとか、なんとなく皆がそう言い習わしているからなど、まあ、そんなところなのだろうとは予想していたが、どうもこれだといった腑に落ちる感じが無い。

う~ん・・・。



また例によって、頭の引出しに仕舞っておいて、時々引っ張り出して考える事になりそうだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.17


孫娘の幼稚園の文化祭を見学。



芋掘り遠足の絵

孫娘の芋掘り遠足の絵。
おもいっきりお芋が大きく描かれております、
さすが食いしん坊家族の一員。



綿あめでご満悦の孫娘

ご本尊も園の屋台の綿アメでご満悦。



孫娘作イチゴのケーキのオブジェ

孫娘作イチゴケーキ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.16


今年の秋の小千谷のイベント。
今までバラバラに行われていた3つのイベントを三つ同時に開催。



小さなイベントをバラバラに行うより、まとまって同時に開催した方が訴求効果があるだろうとの判断なのでしょう。



小千谷うまいもの祭

総合体育館広場で行われた「小千谷うまいもの祭」
市内飲食店の屋台が出店。

和田そばの鰊蕎麦、モツ煮込み、豆の助の豆腐ジェラート

和田そばの鰊蕎麦、モツ煮込み、豆の助の豆腐ジェラート。
を食す。



おじゃれフェスタ

こちらは、おじゃーる市民の家で行われた「おじゃれフェスタ」
ワークショップとフリマの催し。



クラインガルテン収穫祭

こちらはクラインガルテンで行われたクラインガルテン収穫祭。

フリスビードッグの公式戦

フリスビードッグの公式戦を同時に開催。

バラ鑑賞会

クラインガルテンのバラ園のバラ鑑賞会。

この他にも農産物の直売やクラシックカーの展示等もありました。



循環バスの看板

それぞれの会場が離れているので、これら三つの会場を循環バスで結んでの開催。
思った以上の人出だったらしく循環バスは1時間待ちだったとか。
3つの会場同時開催は、成功のようでしたが、循環バスの運航が課題のようです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.15


孫娘と娘、新幹線で千葉の実家にお里帰り。



上越新幹線



新幹線でバイバイする孫娘

ホームまでお見送り。
一寸寂しい爺。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.14


柿を採ってみた。



今年初収穫の八珍柿

玄関脇に生えている八珍柿。
採り易い場所一枝分をチョイチョイと採っただけなのだが、それで2篭分採れた。
下から見ていた時は気が付かなかったが、近くで見てみたら、これでもかって位沢山の実が付いていた。
実も大きい。
これは大豊作のようだ。



そう気がついてから他所の柿の木を見てみると、どこも大量に柿の実が生っている。
どうやら今年は、柿の当たり年のようだ。



雨の少ない夏の猛暑が良かったのかな?
猛暑が柿にどう影響したかは分からないが、水分不足と暑さが作物に悪い影響ばかりをもたらす訳では無いのかもしれない。
最近、葉物野菜が高騰しているけれど。



折角沢山生ったのだから、なんとか収穫したい。
しかし、時間と体力が・・・。
なにせ家の柿の木、手入れが悪いので中々の高木なのだ。

さてさてどうするか・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.13


朝晩、寒くなって来た。



帆立のチャウダー

朝食に作った帆立のチャウダー。
こういう暖かなスープが美味しい時期になって来た。



山間部では最低気温が一桁のところもあるようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.12


「チコちゃんに叱られる」というNHKの番組を楽しみに観ている。



「チコちゃんに叱られる」は、当たり前と思っていて、今まで考えたこともなかったような事柄を、あえて問題にする雑学クイズ番組。
昨日、ブログに書いたカツ丼の件は、「蕎麦屋さんのメニューにカツ丼が有るのは、蕎麦屋さんなのに何故?」でした。
なるほど・・・。
自分は、「蕎麦屋さんがファミレス化して御飯物もメニューに載せたかったから。」だと思っていましたが、それは違っていました。



「何でも鵜呑みにせず、自分の頭で考えましょうよ。」がこの番組のコンセプトなのだろうと思う。



司会の5歳のチコちゃん(顔がCGで体は着ぐるみ、声は木村祐一さん)に、そんな素朴な質問されたゲストが、それは事考えた事も無かった「エっ・・・。」と答えに窮するところが番組のポイントの一つなのだが、割と自分は、そんな質問に対して、一度や二度考えた事が有る事が多く、その答えが合っているかどうかは別として、その回答を自分なりに持っている事が多い。
蕎麦屋のかつ丼のように。
まあ、結果的に間違っている事の方が圧倒的に多いのだが、「エッ!考えた事も無かった・・・。」と言う事はあまり無いようなのだ。



ちょっとこれは嬉しい。

そういえば自分は、何やかや、根掘り葉掘りと色んな事を考えている傾向があるようだ。
ようするに考え事が好きで、疑問に思った事を頭の引出にしまって置いて、時々引っ張り出しては考えている。
何年でも、飽きもせず。
答えが分からなかったり、新たな疑問が出来たりすると、ワクワクする。
それが楽しみなのだ。
まあ、大概が役にも立たない事ばかり考えているのではあるが・・・。



そんな余計な事ばかり考えている者は、大概は劣等生となる。
もちろん自分も、ご他聞に漏れず劣等生を自任しているが、
「そうか、この番組でチコちゃんが、そんな劣等生を励ましているのかもしれない。」
と気が付いた。



まあ、もっとも、こんな事を書くのに時間を費やしている事自体が劣等生ならでは。

ははは、性分だからな~。



銀木犀

銀木犀。
良い香りを漂わせているが、そろそろ散り始めている。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.11


「チコちゃんに叱られる」というNHKの番組でカツ丼の由来についてやっていたのを見たら、無性にカツ丼が食べたくなった。



タレカツ丼


と言う事で、翌日の夕餉はカツ丼。
卵とじのカツ丼かタレカツ丼かの選択は、多数決でタレカツ丼。
番組はもちろん卵とじのカツ丼だったのだが、その辺は適当で大丈夫。

美味しかった~。



新潟のB級グルメのタレカツ丼。
B級グルメって時々無性に食べたくなる事がある。
それにテレビ番組で火を付けられた。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

最近のコメント

アイテム

  • 美濃柿
  • 食用菊カキノモトの酢の物
  • 霧の朝
  • 孫娘作イチゴのケーキのオブジェ
  • 綿あめでご満悦の孫娘
  • 芋掘り遠足の絵
  • 循環バスの看板
  • バラ鑑賞会
  • フリスビードッグの公式戦
  • クラインガルテン収穫祭

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。