2017.04.28


タラの芽とコシアブラを食べたら独活が食べたくなりました。



購入した独活

自分で採るまで我慢が出来ず、道の駅で購入。
しかし、まだ出始め。
これだけで400円。
高~~~!!



穂先を天ぷらに。
これで早くも春の山菜天ぷらの三役、タラの芽、コシアブラ、独活のそろい踏みです。



独活のキンピラ

穂先以外の部分は、キンピラに。
穂先の天ぷらに負けず劣らず、独活のキンピラが好き。
これに鳥料理を合せると、堪らんものがあります。



独活の香りを堪能。
次は自採りのものかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.27


妻と娘とうおぬま屋3人で木の芽摘み。



三つ葉アケビの新芽=木の芽

三つ葉アケビの新芽。
魚沼の人間は、春にこの木の芽を食べるのを楽しみにしています。



しかし、まだ出始めでほんの一寸しか採れませんでした。



生卵で和えた木の芽

茹でて生卵で和えていただくのですが、三人で採っても、ひと口づつでした。



どうやら今年は、ゴールデンウィーク頃が良い時期になりそう。
競争率が高くなって大変かも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.26


長男がタラの芽を採って来た。



挿し木にするタラの芽

挿し木で増やすのだそうだ。



タラの木は、挿し木で簡単に増やせるらしい。
生命力が強い木なのだろうか?
その割に2番芽以降をしつこく摘むと、容易く枯れてしまうようでもある。

中々興味深い木のようだ。



コシアブラ

コシアブラ。
こちらも長男が採って来たもの。
コシアブラは増やせないのかな?



庭にタラの木とコシアブラの大きな木が在ったら素敵です。



他の採って来た十数個のタラの芽はは、コシアブラと共に美味しく天ぷらでいただきました。
今季初タラの芽、コシアブラ。

美味しかった~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.25


美人林の帰り、最寄りのお蕎麦屋さん「そば処松苧」でお昼ご飯にしました。



ヘギ蕎麦と山菜の天ぷら

山菜の天ぷらとヘギ蕎麦を注文。



天材の山菜

山菜の天ぷらの具材を見せてくれる粋な演出。
左からフキノトウ、ムカゴ、コゴミ、ホップ、カタクリ、クレソン。
ホップは、ビールの苦み付けに使われるあのホップ。
去年採れた物を塩漬けにしたものだそうです。
その日によって、季節によって内容が変わるそうです。



カタクリの花の天ぷらは初めて。
身近なのに食べてみようと思わなかったのが不思議。
ムカゴも茹でるより揚げた方が美味しいみたいです。
秋にやってみましょう。



石臼挽きの自家製粉のお蕎麦も美味しかった。
以前から美人林に行く度に気になっていたお蕎麦屋さん。
寄って◎でした。





お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.24


美人林に行って来ました。



青空とブナの萌黄

新葉が出るこの時期、ブナ林が一番美しい時期だと思う。



沢山の人が訪れる根開けの美人林

それだけに大勢の人が美人林を訪れていました。



萌黄のブナ林

う~ん、しかし、どうも自分の印象と写真の感じが一致しない。
難しいものです。



根開けと言うには、既に雪が少ないか

根開けと言うには、既に雪が少ないかな。



ブナの幹に彫られた落書き

落書きが・・・。
情けない輩の痕跡。



春の陽ざしと雪とブナ

春の陽ざしと雪とブナ。



萌黄の美人林

萌黄の美人林、綺麗でした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.23


船岡公園さくら祭のイベント「気球試乗」に行って来ました。
小千谷市のイベント事には、最近、気球の試乗が付き物となっています。



気球試乗

乗ったのは、我が家の女性陣3人。



数分の空中散歩。
高度は20m位でしょうか。
桜をバックに良い感じです。



最初こそ、ご機嫌だった孫娘。
途中から気球のバーナーの轟音が怖くなり、大泣き。
孫娘の泣き声が、天から降って来るという、またと無い経験が出来ました。



孫娘には刺激がちょっと強過ぎたようです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.22


我が家の桜、散り始めました。



我が家の桜、満開撮影、でも曇天

青空の下での撮影を願っていましたが、どうやら駄目そうです。
今日は晴れの予報のはずだったのですが・・・。



満開中、晴れたのは唯一昨日だけ。
でも昨日は仕事でした。



諦めていたら、二時過ぎに雲が後退して、太陽が顔を出しました。



我が家の桜、青空と枝先

散り始めていますが、なんとかギリギリ間に合ったようです。



桜とヒヨドリ

桜の蜜でお食事中のヒヨドリ君。
中々盛況で、十数羽がご来店。



我が家の桜全景

今年も青空と我が家の桜を撮影出来ました。
運が良かった。
めでたし、めでたし。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.21


パルフェグラッセを作りました。



パルフェグラッセ、要はアイスクリーム。
卵と生クリームを、泡立てて混ぜ、凍らせただけの手作り感満載のアイスクリームです。



グランマニエ風味のパルフェグラッセ

混ぜを、いい加減にしたら、斑になってしまいました。
失敗作ですが、味にはそれほど影響しないので、まあ良しとしましょう。



ただ風味付けに入れたグランマニエを多く入れ過ぎ、大人の味になってしまいました。
それを知らずに食べた孫娘、テンションが上がり、上機嫌。
いつもは寝付きが良いのに、中々眠りに付かなかったそうです。
これはどうやらグランマニエのアルコールの影響のよう。
こちらは完全に失敗、失敗。
風味付けは、バニラにしておけば良かった。
娘に叱られました。

反省、反省。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.20


夜桜見物前、高田公園近くのカフェで腹ごしらえをしました。



観桜会会場の飲食ブースは、ごった返していると予想。
高田公園に行く前に食事を摂っておく事にしたのでした。



しかし、ノープラン。
下調べ無し。
ネットで検索、手近なカフェを探しました。



入ったのはCafe LUSSO
サロンと併設のカフェ。



カフェルッソのクラムチャウダーとトーストのセット

クラムチャウダーとトースト、飲み物のセットを注文。



食事メニューの少なさと、ファーストフード的な注文方法で、クラムチャウダーが既製品なのではないかと気をもみましたが、左に非ず。
しっかり手作りの上、変に出汁を加えていない模様です。
アサリと野菜の自然な旨みが美味しい。
ボリュームも満点。
これで750円は、お値打ち。
最近小食気味のうおぬま屋は、お腹が一杯になりました。



孫娘も、駐車場脇の芝生で遊べて大満足。
行き当たりばったりでしたが、当たりを引けたようです。



美味しく、くつろげるカフェでした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.19


上越高田の観桜会に行って来ました。



気が付けば前回訪れたのは7年前
あっという間に時間が経っていました。



高田公園お堀の花筏

訪れたのは、観桜会最終日一日前の日曜日。
三重櫓に向かって右側の桜は、かなり散っていて、お堀に花筏が沢山浮かんでいました。



お堀の満開の桜

三重櫓に向かって左側の桜は満開を保っていました。
ちょっとした位置の違いが桜の咲き方に影響していて面白い。



花吹雪を楽しむ孫娘

桜の枝を揺すって花吹雪を楽しむ孫娘。
お堀内の桜は散り始めでした。



観桜会、約300の露店が在り、それが売り物のひとつらしい・・・。

焼き鳥

焼き鳥を購入。
しかし、これが酷かった。
鶏肉の味が兎も角なのは我慢するとして、それ以上に、塩をこれでもかって位降ってあったので、ほとんど塩を食べている感じだった。
ど、どうして?
かなりビックリ。
実は他店では、声を掛けたのに無視されたので、こちらで購入したのでした。
まあ、こんな露店ばかりでは無いでしょうけど、かなりマイナスイメージ。



高田公園の満開の桜

公園の桜は満開。



灯篭の枝垂れ桜

灯篭の枝垂れ桜も健在でした。



寒い日続きだった後の暖かくなった日だったので、ごった返しを予想。
しかし、そこまでの混雑ではなく助かりました。



孫娘同伴なので7時には撤退。
小一時間の滞在時間でしたが、久しぶりの観桜会を楽しみました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

最近のコメント

アイテム

  • レバーパテ
  • 独活のキンピラ
  • 購入した独活
  • 生卵で和えた木の芽
  • 三つ葉アケビの新芽=木の芽
  • コシアブラ
  • 挿し木にするタラの芽
  • 天材の山菜
  • ヘギ蕎麦と山菜の天ぷら
  • 萌黄の美人林

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。