お父さんが家族のために作るカレー作り方

☆玉ねぎと人参を炒めます☆

玉ねぎと人参を炒め始める画像  
鍋にサラダ油を入れ、強火で熱し、玉ねぎと人参を炒めます。

鍋は口径の狭い寸胴鍋が煮込み料理には向いています。
水分の蒸発を押えるためです。

玉ねぎと人参を炒め終わった画像  
しんなりするまで良く炒めてください。

油で炒めることによって野菜の青臭さを取ると供に、旨みを引き出します。
 
良く炒まったらいったん鍋を火から外します。

☆肉を炒めます☆

肉を炒める画像  
フライパンを強火で熱し、サラダ油を引いてバラ肉を炒めます。

炒めた肉を鍋に入れる画像  
まんべんなく焼き色が付いたら先ほど野菜を炒めた鍋に入れます。

肉を炒めたフライパンに水を入れる画像  
肉を炒めたフライパンに分量の水から500cc程とって入れ、再び火にかけます。

肉を炒めたフライパンには、旨みがこびり付いています。
水を入れて煮る事で美味しい出汁が出来ます。

フライパンに入れた水が沸騰する画像  
2〜3分沸騰させ、旨みが水に溶けたら鍋に入れます。

木べらで底をこそげる様にかき混ぜると良いようです。

☆煮込みます。☆

煮立つまでの画像  
鍋を再び火にかけ、残りの水を入れます。
煮立つまでは強火。

弱火で煮込む画像  
煮立ったら弱火にし、蓋をしてコトコト1時間煮込みます。

火加減が大事です。グラグラ煮立たせないでください。お鍋の表面が微笑む様な火加減です。
蓋をするのは余計な水分の蒸発を防ぐため。
只、蓋をすると沸騰が強くなるので、その分も計算して火加減してください。

カレールーを入れる画像  
1時間経って肉が柔らかくなったらカレールーを入れます。

肉が柔らかくなっているか1個食べて確認を。
カレールーを溶かすために良くかき混ぜてください。 ただし、肉が崩れないように優しく。

カレーをかき混ぜている画像  
優しく混ぜながら更に20分煮込みます。

同じく弱火で、底を焦がさないように時々かき混ぜながら、味をなじませる為に煮込みます。

20分たったら…。

☆完成☆

ひと味違うインスタントカレーの画像

ご飯は炊きたてよりも少し時間を置いて水分が飛んだものの方が美味しいです。

☆お勧め商品☆
魚沼コシヒカリ豚肉昆布巻きセット、クリックすると仔細ページに飛びます。

新米魚沼コシヒカリ2合、豚肉昆布巻き(5本入り)5袋セット

2310円(税110円)
基本送料無料
(北信越、関東、東北、東海地区は送料無料。その他の地域もお得な送料になっています。)

豚肉昆布巻き5袋セット、クリックすると仔細ページに飛びます。

豚肉昆布巻き(5本入り)5袋セット

2100円(税100円)
基本送料無料
(北信越、関東、東北、東海地区は送料無料。その他の地域もお得な送料になっています。)

笹団子の画像、クリックすると仔細ページに飛びます。

新潟名産、笹団子

春の雪解け時季の
柔らかいもち草(ヨモギ)を加え、丁寧に搗きあげ、香り高い笹で包み上げました。
越後ならではの笹団子の味と香りをお楽しみください。