アリジゴク

2008.10.22

まだ晴れが続いています。
でも、この安定した晴天も、予報では今日までとの事。
そう言えば、今朝は霧が出ていました。
変化の兆候なのかもしれません。


幼稚園の年中さん、5歳の甥っ子が、裏庭でアリジゴクを見つけてくれました。
アリジゴクの巣
随分久しぶりに見ました。
考えてみれば、アリジゴクの生息できるような場所は、以前と比べると、かなり減ったのかもしれません。
雨のかからないサラサラの土が、巣を作る為の絶対条件。
子供の頃は軒先や縁の下で、良く見かけたものですが、コンクリートで周りを固めた今の民家では、そんな場所はあまりありません。
神社やお寺なら今でも居るのかな?
それにしても、いつも通っている場所なのに、うおぬま屋店長の目には、全く入っていませんでした。
やっぱり子供の目線は違うようです。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

巨大カリフラワー

2008.10.21

今日も青空。
昨日午後から広がった薄雲は、跡形もなくなりました。
やはり、こう暖かいと、冬の反動が心配です。


秋野菜が盛りの川口町道の駅「あぐりの里」で、巨大カリフラワーを見付けました。
大きなカリフラワー
大きい!
普通のカリフラワーの3倍はあります。
大きくても、大味では何にもなりませんが、これはそんな事はありませんでした。
甘く、軟らかく、エグミがなく、素直な味。
この辺りは、美味しいカリフラワーの産地であるという事を、前述しましたが、その名に恥じない大きさと美味しさです。
しかもこ、の大きさで120円!
嘘みたいでしょ。
農家の方に感謝です。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

第19回よってげて~!ふれあい市

2008.10.20

今日は午後から、久しぶりに薄雲が広がりました。
青空の連続が、途切れてしまいましたが、雨を降らせるような雲ではないようです。
青空が、所々透けて見えています。


19回目を数えた川口町の「よってげて~!ふれあい市。」
沢山の人出
暖かな日差しに誘われて、沢山の人出でした。


今回は、地震が取り持つ縁で、能登の穴水町からも参加がありました。
穴水町は、能登半島沖地震で大きな被害にあわれた地域。
穴水町の物産展に、川口町が参加したのが、交流のきっかけとの事です。
サザエのつぼ焼き
無料サービスのサザエのつぼ焼き。
これが新鮮で旨かった~!


商工会婦人部特製、お好み焼き
川口町商工会婦人部特製のお好み焼きをゲット。
もうすっかり定番。
お気に入りです。


マグロ握り
陽の光の下、本格的な握りを食べる楽しみに、目覚めてしまったうおぬま屋店長。
町内のお寿司屋さん「すし政」さんのマグロ握りを、今回も購入です。


炭火焼肉
こちらはバーベキュー、焼肉。
地元のスーパー「安田屋」さん製。
炭火の魔力で、旨さ倍増。
もちろん焼きたてに、かぶりつきました。


とってげて~のアイドル、子ヤギ
お腹が満足した所で、よってげて~!ふれあい市のアイドル、子ヤギと戯れてきました。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

春?

2008.10.19

今日も晴れ。
昼の月
朝、青空にポッカリ下弦の月が浮かんでいました。
あまりの暖かな陽気に誘われて、シジュウカラが囀っています。
まるで春のようです。


パセリの鉢のアゲハ三兄弟
鉢植えのパセリに、アゲハの幼虫が付いていました。
さして大きく無い株に、3匹も。
パセリの葉っぱを食べつくすのは、時間の問題です。
全く、アゲハのお母さん、食べ物の量を考えて産み付けて欲しいものです。
見つけてしまった以上、お世話しない訳にはいきません。
さて、食べ物をどうしたものか?
今や愛読書となった漫画、とりのなん子さん著「とりぱん」にも同じ様な話しがありました。
そう言えば、確か季節も秋だったような。
寒さ対策も考えなければならないでしょうか?
上手く蛹になるまで、見届けなければなりません。


今日は、新潟県知事選挙の日でした。
もちろん、投票には行って来ましたよ。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

川口町の錦鯉品評会

2008.10.18

今日も晴れ。
暖かな、穏やかな日差しです。
「こんなに晴れの日が続くと、冬に反動が来るのでは?」などと、また魚沼の性が始まります。


久しぶりに、錦鯉の品評会を見学に行って来ました。
小千谷市や川口町は、錦鯉の生産が盛んな地域です。
一時期、やや衰退気味でしたが、外国で錦鯉の人気が高まり、輸出に活路を見出し、最近また勢いを取り戻しつつあります。
この品評会にも、数人の外国の方がいらしていました。
秋のこの頃は、鯉上げの時期。
夏の養鯉池から越冬用の池に移し変えるんです。
その時をを利用して、この夏の成果を皆で競います。


本当に久しぶり。
品評会は、たぶん子供の頃以来でしょう。
うおぬま屋店長は、大の魚好きで、子供の頃には良く見に行ったものですが、元来、鯉だったら真鯉が好みで、錦鯉より余程美しいと思っているものですから、この所すっかり足が向かなくなっていました。
巨大な紅白の錦鯉
こちらが優勝の紅白の錦鯉。
画像だと比較物が無いので分り難いですが、ゆうに1m超え、丸々と太って凄い存在感です。
体高も相当な厚さ。
横になると鯛のように体高があります。
色彩や模様は兎も角、丹精され栄養が行き届き、健康そのものの生き物は、やっぱり美しい。



養鯉池
会場の隣にも、養鯉池。
この近辺には、沢山の養鯉池があります。
中越地震の被害や、伝染病の鯉ヘルペスなど、立て続けに災害を被り、錦鯉関係者のご苦労は並大抵ではありませんでした。
それを知ってか、知らずか、巨大な錦鯉は、ゆったり泳いでいます。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

Calendar
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
link
sitemap

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193